1.2.ラベルの見方(一般的説明)

ラベルの見方

ドイツワインは難しい、とよく言われます。 ドイツワイン法が複雑だ、とかラベルの読み方がよくわからない、飾り文字が読みにくい、など、困難な点はいろいろあります。 ここでは、ラベルの見方(読み方)を説明しますが、従来のガイドブックなどでの説明はおおむね下記の『従来の説明』のようです。 しかし、これは一例を説明したにすぎず、初心者はこれではラベルが読めるようにはなりません。 そこで、わたしが独自のラベル解読法を説明します。


従来の説明(ラベルの読み方)

lavel_sample1.gif

上の図が、ラベルの説明です。 赤文字の①~⑨は必須の記入項目。 ②、③の表記に代えてベライヒ名の表示でも良いことになっています。 また、⑦の『Erzeugerabfullung』という表記は、単なる『Abfuller(ビン詰め人)』という表記でも良いことになっています。 また、わたしの読んだ本には、容量も必須項目になっていましたが、上記の例にはありません。 
  
黒文字の⑩、⑪は任意の記載項目ですが、表示するためには原料となるブドウの混合率などの規定を満たしていなくてはなりません。
  
それでは、上の例に鑑みて、下にあるラベルを読み解いてみましょう?


ラベル読み解き実習

  
lavel_sample2.jpg
  
  1. ワイン栽培地域はどこですか?(5点)
  2. 村名はなんですか?(3点)
  3. 畑名はなんですか?(3点)
  4. 肩書きはなんですか?(5点)
  5. ワインのカテゴリーはなんですか?(1点)
  6. A.P.ナンバーはどれですか?(1点)
  7. 『醸造業者ビン詰め』、または『ビン詰め人』の表記はどれですか?(20点)
  8. ビン詰め人の氏名、名称はなんですか?(5点)
  9. ビン詰め人の所在地は、どこですか?(5点)
  10. 収穫年は何年ですか?(1点)
  11. 使われているブドウの品種はなんですか?(10点)

以下は、応用問題です。
  1. 醸造元から、何年に出荷されたと考えるのが妥当ですか?(20点)
  2. 何ワイン(赤、白、ロゼ、発泡性)でしょう?(20点)
  

  • 最終更新:2016-09-24 17:58:48

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード